株式会社設立更新歴    2017年8月5日   ご連絡先 03-3556-8114

 

........

税理士事務所 求人募集

 

手持ち資金が少ない場合の資本金として現物出資

 

現在会社設立では、手持ちの資金が少なく資本金を1円から数十万円ぐらいで会社を設立する方が多いです。

でも、資本金は会社の信用バロメータです。

資本金は多い方が、俄然良いです。

 

そんな時は、資本金に現物出資をしてみてはいかがでしょうか?
手持ちの資金は無いが、物はあるという方はご検討ください。

資本金は10万円より100万円、100万円より1,000万円です。

 

 

資本金に組み込むことが出来る現物出資財産

価値があるものでしたら何でも現物出資できます。
但し、後で税務会計の問題とならないように時価評価しないといけません。

その際には税理士さんとご相談ください。

当事務所は税理士である廣瀬が適正に評価を行うので問題ありません。

主に現物出資する財産を次にあげて見たいと思います。

@パソコン

A車

B商品在庫

C店舗造作

D貸付金

Eその他価値のあるもの

 

現物出資での会社設立メリット

手元のお金がなくても、資本金を大きくしたいために物を出資することにより、資本金を大きくすることが出来る。

 

現物出資での会社設立デメメリット

特にないです。

あるとしたら会社設立の際の書類作成が多くなり、手数料が少しだけ高くなります。

(でも、メリットの方が多いのでカバー出来ます)

現物出資金額が500万円を超える場合、検査役の検査や弁護士・税理士等の評価証明書が必要です。

当事務所は私廣瀬が評価証明書を発行できるので煩わしさ、追加費用がありません。

 

会社設立後に増資で資本金を増やす。

会社設立時、手元資金・現物出資財産ともにない人はとりあえず、少ない資本金で会社設立を行わざるを得ません。

でも、その後通常は会社の資金が不足がちですので社長が会社にお金を貸し付けるケースが多いかと思います。

その社長貸付がある程度たまったら、社長貸付金を現物出資として増資に当ててみてはいかがでしょうか?

いつまでも資本金が少ないと取引先・銀行その他で弊害が出るかも知れません。

ご検討ください。

当事務所、この増資の際もいろいろお手伝いが出来ます。

いいね!ボタン ポチッと & Twitter

皆様により良い情報を発信していきたいと思います。
いいな〜と感じたら、ポチッと「いいね!ボタン」をクリック&ツイート。

........

会社設立代行方法法人設立手続き